ワールドベンチャーズで圧倒的な優位性を持てる人とは -あなたは英語を話せますかー

 

ワールドベンチャーズはアメリカに本拠を置く企業であり、30か国以上に支社を持つなどそのビジネスは国際展開に大きく成功しています。

国際展開をしているということは、ビジネスを紹介する相手は日本人に限定されないということです。

その中でも世界的な言語である”英語”をもしあなたが話すことができるなら、ワールドベンチャーズのビジネスにおいては大きな強みになります。

今回は英語を話せることの優位性について解説したいと思います。

 

英語が扱えれば、普通の人の数倍の優位性

もしあなたが英語を話せる能力を持っているなら、ワールドベンチャーズのビジネスにおいて他の人と比べて圧倒的な優位性を持つことができます。

 

ワールドベンチャーズの僕が所属しているグループの特長として、ビジネスの紹介は既に完成された事業動画を紹介したい人に見せるだけというごく簡単な手法を採用しています。

参考記事:ネットワークビジネスにおけるグループとは?

 

そして僕が所属しているグループでは、グループの有志メンバーによって英語の事業動画英語のサポートサイトが既に作成されているのです。

あなたが英語を扱えるなら、英語で外国の方にビジネスを紹介し、用意された英語の事業動画を見てもらえばいいのです。

(※英語でのリクルートの場合コンサルはあなた自身が担当することになります)

やることは日本人相手の活動と全く同じですが、英語が話せることによって、紹介対象が世界中の英語圏の人たちへ一気に広がります。

 

ワールドベンチャーズ参入国であるかどうかで紹介の難易度は変わりますが、世界中で10数億と言われる英語を話せる人たちにビジネスを紹介することができれば、日本人相手だけでビジネスを行うより遥かに簡単に成功に近づけることが分かると思います。

現在は日本国内の会員は少なく、日本人相手だけでも大きなビジネスメリットがある時期ですが、もしあなたが英語を扱えるならワールドベンチャーズは権利収入を作るためにこれ以上ないビジネスと言えると思います。

 

また、あなた自身が日本語しか話せなくても、英語を話せる日本人にビジネスを紹介して、その人に国際的に展開してもらうことも可能です。

ワールドベンチャーズの特長として、自分が直接紹介した人数よりも、自分から派生した組織の大きさのほうが評価され報酬となるため、この方法でも大きな恩恵を受けることができます。

人の力を借りることができるのがこのビジネスの強みなので、あなたが参加したときは積極的に英語を話せるメンバーを紹介していくと良いでしょう。

 

また現在もグループは拡大しており、日本語と英語以外の言語を扱える人もメンバーに増えてきているため、今後事業動画やサポートサイトの他言語版が作成されることも期待されます。

そうなれば外国語を扱えることの優位性はさらに大きくなり、ますます国際展開が広がる素晴らしいグループになると思われます。

これこそがインターネットを使った現代ならではのビジネスであり、ワールドベンチャーズの魅力ですね。

 

まとめ

英語で紹介ができることは既に国際展開されているワールドベンチャーズの大きな強みであり、国内のみのネットワークビジネスでは考えられない可能性を持つビジネスです。

もちろん日本国内でもまだまだこれから会員が増えていく時期なので、英語が話せる人もそうでない人も、ぜひ一度事業動画をご覧になってビジネスの魅力を知っていただければと思います。

⇒ワールドベンチャーズ解説動画を見る